スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

KAT-TUN 10TH ANNIVERSARY LIVE TOUR ”10Ks!” メモ

■東京ドーム 4/29(金)4/30(土)5/1(日)

 

KAT-TUN充電期間前の最後のライブに3日間参戦。

4人になってからのKAT-TUNが大好きだったのにまさかの充電。

3人の雄姿を見届けようと全力で参加。

 

 

【セットリスト】 

-------------------------------------

1.GOLD
2.Real Face
3.BIRTH
4.THE D-MOTION
5.ONE DROP
6.WHITE
7.PERFECT
8.春夏秋冬
9.DON'T U EVER STOP
10.MOON
11.In Fact
12.NEVER AGAIN
13.僕らの街で
14.KISS KISS KISS
15.Will Be All Right
16..ハルカナ約束
17.RESCUE
18.LIPS
19.YOU
20.White X'mas
21.Love yourself〜君が嫌いな君が好き〜(亀梨和也)
22.CHANGE UR WORLD(上田竜也)
23.STAR RIDER(中丸雄一)
24.Going!
25.不滅のスクラム
26.RUN FOR YOU
27.TEN-"G"
28.RAY
29.Dead or Alive
30.BOUNCE GIRL
31.4U
32.TRAGEDY
33.UNLOCK
34.君のユメ ぼくのユメ

アンコール1

35.GREATEST JOURNEY
36.喜びの歌
37.Keep the faith
38.Peacefuldays
39.PRECIOUS ONE

アンコール2

40.BRAND NEW STAGE

アンコール3 5/1のみ

41.Real Face
42.Peacefuldays
-------------------------------------

 

Jr.なしの3人だけのステージ。

東京ドームという広い場所で、たった3人だけで大丈夫か?と不安に思ったけど、

始まってみたら、まったく問題なし!

 

セットリストは10周年ということもあり、

歴代シングルと、ファン投票で選ばれた曲で構成。

 

あらためて、KAT-TUNの曲は大好きだ!!!

昔の曲も、最近の曲も、とにかく音が好みすぎる。

仕事で追い込まれた時、忙しい時になると何故かKAT-TUNを聴きたくなる。という・・。

好みなんだな。単純に。

大好きな音に大音量で包まれるって本当に最高!

 

そしてKAT-TUNのステージは、いつも思うけどゴージャス。

彼らは本当にイメージがぶれないね〜。

ステージも衣装もギラギラしていて素晴らしい!

 

この3日間はとにかくひたすらたっちゃんの姿を脳裏に焼き付ける。

ここ数年、顔も、キャラもぐんぐん良くなってきていたのに。。本当にもったいない。

 

今回のライブは3日間とも本当に良かった!

セットリストも、歌声も、パフォーマンスも、いつもはどうしようもなくグダグダのMCも全て良かった。

MCはもしかして田口くんがいないことがかえって良かった?

へたなダジャレから始まるグダグダなくだりがなくなってすっきり。

 

 

●1日目 4/29

 

初回ということで最初から最後までとにかくもう大興奮!

登場から衣装がギラギラでカッコよくて、たっちゃん気合入ってるしーー!

 

前回のライブの時、歌い出しがひどかったから、

今回も少々不安だったけど、今回はばっちり!

 

「Love yourself」

中丸君ボイパコーナーからの亀のソロ。

間に昔のドラキュラコントを挟む。

中丸君の首筋に噛みつくしぐさの時に、予想以上に顔が近づいてしまって動揺する亀。

そのあとのソロで歌いながらサングラスかけたりうちわ出したりの手順が飛んでたwww

可愛い〜♡ 

 

「CHANGE UR WORLD」

たっちゃんソロ。

バイクで外周を爆走!!!

しかも、手りゅう弾投げて爆発の特効とかーーー!

相変わらずワイルドww

 

で、終盤からがやばかった・・・。

 

「4U」でなんとなくうるっと来てて、

その次の「TRAGEDY」でもう涙腺崩壊!

歌詞がもう・・・

 

 いつか再開の花がさくように 僕も君を信じて

 何かを失ったとしたって 想いを偽るな そう 最後の最後ですべて輝くから

 

 二度と哀しみに流す涙なんて 僕らに要らない

 悲劇を 今 超えてく

 

KAT-TUNに重なってしまってもう・・・涙が止まらない。

 

そして「UNLOCK」。

火・水・レーザー・・・特効全部入りってもう!

派手すぎる!素敵すぎる!!KAT-TUNすぎるでしょーーーーーーっ!!!

鳥肌立ちっぱなし、ゾクゾクが止まらないし、涙もさらに溢れるし。

 

ダメ押しは「君のユメ ぼくのユメ」

歌詞をスクリーンに出すとか・・・反則でしょう?!

スガシカオ、ずるいんだよーーーーー!なんて曲書くんだよーーーー!

 

もう、たっちゃんの挨拶までひたすら泣きっぱなし・・。

 

 

 

●2日目 4/30

たっちゃん挨拶

 

夜会でファンの子が泣いている映像が流れて・・嬉しいんだけど、

でもファンの人たちには笑っていてほしいです。

 

って、もう〜〜。

 

これだからたっちゃんにはやられるんだ。

見た目はあんなんだけど、実際はとっても純粋でストレートでファンを愛してくれてる。

 

今回のライブ挨拶、たっちゃんが本当に良かった。

素直でシンプルで、そして優しくて熱いメッセージ。

上手に話せるようになったね。

 

 

●3日目 5/1

 

オーラスということで、開演前から異様な雰囲気に包まれる東京ドーム。

まだ始まってもいないのに熱気がすごい。

始まる5分ほど前からKAT-TUNコールがすごい。

 

オープニング映像が流れ、KAT-TUN登場!

 

「野郎ども!最後の出港だ〜!準備はいいか?」的なことを言うたっちゃん。

お客さん、ほとんど女子なんですけど〜www

 

最終日の熱気はとにかくすごかった。

観客も一体となってライブを作っていた感ハンパない。

 

「TRAGEDY」からはまた涙、涙。

 

最後のあいさつでは、もう周りが泣きまくり。

号泣している子もいて嗚咽がすごかった。

だよね、そうだよね・・・寂しいね。

 

たっちゃんはこれまで2日間同様シンプルな言葉を。

「ファンの人を笑顔にできるように力をつけて戻ってくる。」と。

 

中丸君は飄々としながらも

「活動休止は最初は納得いっていなかった・・」と自分の胸中を素直に吐露。

 

そして亀。長かったね。10分以上話してたね。

どこまでもKAT-TUNの亀梨和也であろうとする言葉たち。

「KAT-TUNは辞めていった3人も含めてKAT-TUNだ。感謝したい。」と締めくくった。

 

亀の挨拶が終わって、中丸くんがたっちゃんのところに行ってハグ。

中丸君、号泣。  

たっちゃんももらい泣き。

そして、絶対に泣かない亀。この子は本当にプロだね。腹の括り方がすごい。

 

そのあとステージの上に上がっていく時、

亀が中丸君の腕をひっぱって一緒に階段へ。

その後ろをたっちゃんがついて行く・・・・。ああ、もう!!

 

アンコールはトリプルまで。

どの曲をやるかステージ上で打ち合わせする3人。

「あーもう、俺らを困らせるんじゃないよ!」のたっちゃん。可愛すぎる!!

 

ラストの曲は「Peacefuldays」

 

最後の最後までド迫力でKAT-TUNらしいライブでした。

3人でも十分やれるのに。というのがこのライブを見た感想。

音楽活動を休む必要なんてない!

というか、休んでもらっちゃ困るんですけどーーー!!!!

KAT-TUNの歌が聴けないなんて、辛すぎるーーーーー!!!

 

 

 

たっちゃんがアンコールの時に言った言葉

「俺はおまえらとKAT-TUNが大好きだーーーーー!!!」が胸に突き刺さった。

 

私も大好きだーーーーーー!!!

必ずまた3人で戻ってくることを信じてる。

 

 

 

 

 

:後日談:

会社の近所の郵便局に行ったら田口くんと遭遇。他の社員も同じく近所で遭遇したらしい・・・。

なんで、よりによって君が私の近くをうろうろしているの???

「お前のせいでたっちゃんが観れなくなったじゃないか〜〜!!!!!」と恨みをぶつけたい気分でいっぱいだったよ・・・

 

滝沢歌舞伎2016 観劇レポ 2016/4/26(火)

※ガッツリ ネタバレ 個人的な観劇感想メモ

 

 

 

滝沢歌舞伎観劇3回目。

 

今回は2階2列目中央の席。座ってみたらもう、超・超良席!!

まっすぐ前を見たら舞台中央が見えるってもう、サイコーー!

 

相変わらず東京ドーム仕様のでっかい双眼鏡持って行ったら、

さすがに近かった^^;

 

3回目ともなるといよいよ余裕の構えw

最初の健ちゃんの出番で、前回よりさらに調子良さそうに見えたことも相まって、

ようやく全体を楽しむことができました♪

 

印象に残ったところをピックアップ。

 

 

【第一部】

 

■春の踊り、いにしえ

席が少し前って、センターってだけでこんなにも見え方が違うのか?と思うほど良かった。

隊列を組んで踊るところとかもう圧巻!

今さらだけど、Jrみんな踊りが上手!

これぞジャニーズ!という感じ。

 

前回観た時に第二部のおまるちゃん役の深澤君を気に入ってしまい、

ついついデカい双眼鏡で見る私。

ついに、健ちゃん以外にも目がいくようになったようですww

 

■Maybe

待ちに待った健ちゃん登場!

思わず足に目をやると、やっぱり右足はソフトタイプの靴で固定されているよう。

それでも、ステップを踏みながら歌い踊る健ちゃん。

前回よりもさらに動きが良くなっているように見える。

ほっと一安心。

 

東京ドーム仕様双眼鏡で見ていたら、

今日は近すぎて、健ちゃんの全身が入りきらない!汗

 

なので、表情を見たい時以外は肉眼で鑑賞することに。

これまで存在を知ってはいたけど、ほぼ見ていなかった後ろの映像が目に。

やたらめったらカッコいい!!!!

 

一緒に行った友人は「あの映像欲しい〜〜〜!!」

 

■MASK

今日も美しかった♡

帝王感ハンパないパフォーマンス。

いや、ほんとカッコいい!!

カッコよすぎるーーーー!!!!

 

前半は足も存分に使って体全体で表現。

全身を使って踊る健ちゃんが観れることはもちろんとても嬉しい。

でも、後半椅子に座り足組みながら上半身で踊るさまがなんとも言えずカッコいい。

相当激しいダンスなので、険しげな真剣な表情が見えてもう・・・たまりません。

 

■太鼓

何度見ても気が狂ってるとしか思えない演目w 

素敵〜〜♡

これはもう、癖になる演目。

変態に拍車がかかって仕方がない・・・。

 

タッキーはもちろん相も変わらず彫刻のような筋肉。

Jrもじっくり見てみましたが、みんな綺麗ね〜〜!

 

そして、健ちゃん!

あーもう!

 

真剣に、そして苦しそうに太鼓を叩くさまを見ていると息が止まる〜〜!!

 

そして、今回初めて気づいた。

ケガをした右足は床?に固定されず、少し浮かすように紐で持ち上げられていることに。

確かに、この演目、かなり足を踏ん張りたくなる感じだから、

足に負担がかからないように、わざと浮かしているんだね。踏ん張れないように。

 

ってことは!!!

上や下や右や左にぐるんぐるん振り回されている中、

左足だけで踏ん張っているってことーーー???

 

ああ・・・。考えただけでも辛そう・・・・涙

 

そりゃ、苦悶の表情にもなりますよね。

 

頑張ってる・・健ちゃん。

 

 

■生化粧

席の角度が変わったので、私の大好物、脇の下の筋肉が見えにくい!!!

 

そういえば、あまりに健ちゃんの脇の下の筋肉が美しかったものだから、

ジムのトレーナーに脇の下の筋肉の名前を教えてもらっちゃいましたよ。

筋肉の名前なんて興味ないくせに〜!

 

で、判明しました。

 

広背筋

 

なるほど〜。

名前知ったからなんだっていうことだけど、なんかとっても好きになりました「広背筋」♡

 

 

で、その広背筋がイマイチ見えにくい。

メイクで右腕が左側にまわる瞬間をひたすら待ち続ける私。

 

・・・・変態 ^^;

 

 

健&タッキーのフリートークでは

「もう公演半分終わりますね〜」的な内容。

もう半分?! 早い!!

 

なんか手鏡で遊んじゃうところとか、

タッキーの紅を付けるタイミングを狙って声かける健ちゃんとか、

やっぱり可愛い〜♡

 

 

■男と女の舞

 

すり足で舞うところが、前回よりスムーズに。

ゆっくりした動きだとだいぶ動けるようになったのかな?

 

タッキーを抱き寄せるところはもう・・・なぜかとっても恥ずかしい。

 

いっつも可愛いくせに、男を出さないでよ〜〜!

ドキドキするじゃないかぁ〜!!

 

 

■蝶の舞

うーん。全体的にはとても艶やかで好きなんだけど、

やっぱり、あれだけ化粧されてしまうと、健ちゃんだと思えないんだよなぁ・・・。

 

 

 

第一部終了

 

 

休憩になるやいなや、ダッシュで売店へ!

ステージフォト第2弾が売り出していたのです。

もう、サンプルなんて見ることなく「健ちゃんが映ってるの全部ください!」

 

今回は8枚。

でも、ほとんどが第二部のお芝居中のだった・・。

MASKのダンスシーンが1枚あったのだけど、これが第2弾では一番かな。

 

友人には「健ちゃんの写真ものグッズはとにかく買うべし!!」と半強制的に買わせる。

 

いや、でも、今回のグッズの写真、

超絶クオリティ高いんだってば〜〜〜!!!!!

買わないなんて絶対に損!!!!

 

 

 

【第二部】

レポを書き途中で放置してしまったのであまり記憶にない・・・汗

 

お約束の鼠とおまるの屋根のシーン。

ふっかのお母さんが観劇していたらしく、そんなネタが繰り広げれられる。

それでやたらと長くなっちゃって、気づいたら舞台上手に健ちゃんが出てきてしまったwww

屋根の上で土下座する鼠とおまるwww

 

このシーンが毎回の楽しみになってきて。

何してくれるんだろう??って。

 

おまる、いいわ〜〜♪

 

 

■LOVE

健ちゃんの笑顔を見るのと、

健ちゃんのフライング終わりにやさしく手を差し伸べるふっかを見るのが楽しみになってる。

手をギュッとつかむところが胸キュン♡

主にジャニーズの鑑賞感想を書き散らかすブログです

もともと猫写真ブログの裏ブログとして始めたはずのこのブログ。
そこからドラマチェック用メモブログとなり数年放置。
主にジャニーズ(嵐、V6、KAT-TUN)のライブや舞台などの鑑賞メモとして活用しようと思い立つ。

最近ではジャニーズJr.のSnow Manに入れあげているためSnow Man記事多め。

 

<お気に入りさんたち>

嵐:誰が何と言おうと松潤が神!

V6:特にカミセンが好き。中でも断然健ちゃん!

KAT-TUN:残った3人はみんな大好きだぁ〜!でも特にたっちゃん。

Snow Man:ふっか。自分でも理由はわからないけど激ハマり中。

 


ひたすらに、自分が見たこと、感じたことを書き散らかすのが目的の場所なので、
読者の方への考慮配慮は全くしていません。

もし万が一、交通事故のようにこのブログに訪れてしまった方は、
そっとページを閉じていただくことをおススメします。




 

滝沢歌舞伎2016 観劇レポ 2016/4/20(水)夜

※ガッツリ ネタバレ 個人的な観劇感想メモ



滝沢歌舞伎2016 観劇2回目。

今回の席は2F席の一番後ろ。
3Fに比べるとかなりよく見える。
上から見下ろせてしまうのとはまた違った見え方。



そういえば、前日から「ステフォ」第1弾が発売されたらしく、
あんなに閑散としていたグッズ売り場に長蛇の列!
ちなみに「ステフォ」とはステージフォトの略らしい・・。

先日購入しなかったポスターを買おうかな・・と思っていたのだけど、
その列を見たら思わずひるんでしまい、何も買うことなくとりあえず着席。

で、観劇の方はというと、
1回目は健ちゃんが心配すぎてそればっかりになっていたけど、
2回目となると余裕が出てきて、少しはまわりも見えたかな。

とはいえ、相変わらず健ちゃん目当てなので、
健ちゃんがらみのところだけピックアップ。

【第一部】
■Maybe
前回より踊ってた!ステップ踏んでた!
後ろに流れる映像も、前回は余裕がなくて見れなかったけど少しは見れた。
あの映像、かっこいいなぁ〜。

1回目見たあと、家に帰ってOMGライブのMaybeを見直したけど、
そうそう、この曲、剛君のイメージなんだよね。私。
剛君が歌いだしだからだと思うけど。

でも、健ちゃんソロバージョンも素敵です♡
相変わらず切ない表情で歌うなぁ〜。


■MASK
どこから出てくるかわかっていたから、
お化けの終盤、暗闇のステージ真ん中に双眼鏡でロックオン!
ひたすら、健ちゃんの登場を待つ。

王様椅子にぐったりと腰かける健ちゃん。
シルエットだけで興奮するw

ライトが当たり曲が始まると、すっと立ち上がる健ちゃん。
え?まさか踊るの???

まさかとは思ったけど、踊っていた。
足も使って踊っていた。

そして、椅子の上に立ち上がり、その背中から羽が〜〜〜!!!!
天使!!
あー、この羽、確かこの前もあったよ。
でも、健ちゃん立てなかったから上の方で開いてるな〜って感じだったけど、
これが本来の演出なのね?!

途中からは前回同様、座ったままのダンスだったけど、
この前より格段に動きがいい。凄い!

さすがにまだ骨くっついていないだろうに・・・。
少しは痛みとか腫れが引いたのかしら・・・・?


■太鼓
前回、健ちゃんだけ見すぎて他を全く見てなかったから、
何が「腹筋太鼓」なのかわからなかったんだけど、今回ようやくそれを理解。
まわりのJrたち、腹筋をするような体勢で太鼓を叩いていたのねーーー!!
あれは確かに腹筋だわぁー。キツそう・・・・汗

とはいえ、今回も健ちゃんの苦悶の表情をしっかり拝ませていただきました♡

今回一緒に行った友達が「これって・・・」って絶句してたけど、
冷静に考えると、まあ、そうだよねw

上半身裸の美少年たちが、ドコドコ太鼓を叩く様って、どう考えてもおかしいもん。
しかも中央でぐるぐる装置回ってるし、そこでも太鼓ドコドコやってるし。
必然性が全くない。意味不明。

でも、それでいいのです。
むしろ、それがいい♡


■生化粧
私の最大の鑑賞コーナーがやってきたーーーーー!!
ここは、前回同様、全力で健ちゃんに集中!!
相変わらず美しい右脇の下の筋肉♡
ほんとにやばい!やばすぎてもう目が離せない!!

とはいえ、チラリと見ましたよ。
seasonの時の舞台を。
歌の後半に後ろに四季折々の映像が流れていたから、
「日本の四季をお楽しみください」っていうのは、
歌の歌詞の方じゃなくて、きっとそういうことなんだよ。と納得。

で、健ちゃんとタッキーがお化粧しながらお話しするコーナーでは、
昨日、剛君が観に来てくれたよね、とか挨拶したの?
とかそんな微笑ましいおしゃべり。
後ろのスクリーンには上半身裸の二人が大きく映ってて、
それを見て「気持ち悪い」という健ちゃんw

健「みんな高いお金払っておじさんの裸観てるんだよ。
  これ、裸観るために来てるんだったら変態の集まりですよ。」
滝「この時間は5000円ですからね。」
健「5000円?!安いなww」

確かに変態!!w

変態ですよ。裸を観るために行ってますよw
しょうがないよね、見せてくれるんだもの〜〜!
しょうがないよね、健ちゃん他では見せてくれないんだもの〜〜!

確かに安い!!w

ただ、12500円のチケットの5000円分と考えると、半分は裸鑑賞料金ってことねw
私は10000円分くらい裸に払っている気分だけどね。


本来、私は男の裸にさほど興味はないのですよ。
強いて言えばJくらいかな。見たいのは。

しかもマッチョすぎるのはかえって苦手で、もちろん、ゆるゆるもNG。
ムキムキしすぎていない細マッチョくらいまでが許容範囲。

特に健ちゃんは顔とキャラクターの可愛らしさが大好きなので、
「男」を感じさせるようなことはあまり求めていなかったのですよ。
しかも、若い頃の健ちゃんの裸は雑誌とか映像とかで目にしたことがあるけど、
可愛らしい顔のくせに、胸筋ありすぎてちょっと・・・って感じだったし。

でも、今回の健ちゃんの裸は超好み!
若いころほど盛り上がった胸筋ではなくなっててほどよい感じ。
腕の筋肉とか、脇腹の筋肉の美しさがより際立って素晴らしい♡


・・・確かに、変態だ。変態すぎるw

ま、好きなものは仕方がない。
健ちゃんも脚フェチの変態なんだからさ。おあいこさ。



■口上

Jrの口上。深澤君かな?


「どうしてこんなにかっこよくこの世に生を受けたのか最近の悩みです。」

「タッキーとそんなにかわらないでしょ?」  
客席から「えー!」 ちょっと少ない。可愛い声。


「三宅くんとそんなにかわらないでしょ?」   
「えーーー!!」かなり増えた。しかも2、3階席のおばさんたちww

「鏡を見るのがツライ!」


健ちゃんの時のVファンの反応〜〜w
声質的に間違いなく若くないwww
もちろん、もれなくそこには私も入ってますけど何か?



■男女の舞
前回よりは動けていたようだけど、
やっぱりすり足で移動するようなところは足がぎこちない・・。

がっつりメイクされると、どうしても健ちゃんっぽくなくってね・・。
男!って感じになってしまってなんとも気恥ずかしい。


■蝶の戦い
この演目、メイクはさておき、派手で私は結構好きだな〜。
艶やか。


第1部終了。


休憩中はお弁当を食べてのんびり・・していたら、
第二部の開始5分前に、トイレに行って戻ってきた友人が、
「今、グッズ売り場ガラガラだよ!ポスター買ってくれば!」と。

今回は幸いグッズ売り場のすぐ近くの席だったので、
慌てて席を飛び出しグッズ売り場へ。

とりあえず、健ちゃんのポスターと、、、
ステフォって・・どんなんだっけ?
サンプルを見に行く暇もないから、とりあえず売り場の子に聞いてみる。

「ステージフォトってどうやって買えばいいの?」

「今ここで言ってくだされば出しますよ。」

って言われても、何があるかもわからない・・
こうなったら!

「じゃあ、健ちゃんが映ってるの全部ください。」

「混合もありますがどうなさいます?」

混合?混合ってなんだ?
ま、いっか。

「じゃあ、それも全部ください。」

そしたら、健ちゃんソロが5枚、健&タッキー混合が3枚。
合計8枚出てきました。

そのサイズがでかい!!
通常の公式写真の倍のサイズ。
で、1枚500円也。(←ほんとかな?実は値段わからないで支払った)

はぁ〜。
数も値段もわからず全部買ったけど、けっこうするのね。
大人でよかった。

慌てて席に戻る。
ふぅ〜。間に合ってよかった。


【第二部】
■鼠小僧
ストーリーもわかっているから安心感があって、
アドリブ部分とかギャグの部分を心から楽しめた。

おまる役の深澤君サイコー!!
すっかり気に入ってしまった。
鼠小僧とおまるの屋根のシーンがもう・・。
楽しくて大笑いさせてもらいました^^

唯一の心配事は最後の大立ち回り。
健ちゃん、やっぱり足を引きずりながらだったけどよく動いていました。
ケガした足でがんがん蹴り入れちゃうんだから・・・


■Love
裸の次に私の萌えポイントになったこのパート。
やっぱり笑顔の健ちゃんはいい!

キュンキュンくる♡

杖付きながらだけど、フライングも軽やかに決めてたし、
今日も無事にやり切った感の溢れる、明るい笑顔にホッとする。

男っぽくてかっこいい健ちゃんも素敵だけど、健ちゃんは笑顔でなくっちゃ!!



2回目の観劇無事終了。


これまでは健ちゃんのことを可愛いとしか思った事なかったんだけど、
この滝沢歌舞伎では「かっこいい」と思ってしまっている自分がいる。

うん。
いい男だ。


次回は26日。
さらに1週間経って、どのくらい回復してくるか楽しみ。
くれぐれも無理をして、悪化しませんように・・・・

滝沢歌舞伎2016 観劇レポ 2016/4/14(木)夜

※ガッツリ ネタバレ。個人的な観劇感想メモ


滝沢歌舞伎2016


V6の三宅健くんの裸見たさに申し込んだ滝沢歌舞伎2016。
4月の4回分のチケットを手に入れることができ、
もう4月に入ってからはその日が訪れることが楽しみで楽しみで♪

4/10に初日を迎え、いよいよ観劇までカウントダウン〜!

ところが公演開始3日目にして健ちゃんまさかの右足親指骨折!
全治3か月のニュースが飛び込んでくる><;
4/12の昼公演でフライングの時にタイミングがうまく合わずに負傷。
その日の夜の公演は20分ほど押して、演出を変えて続行とのこと。

4/14夜に1回目の観劇だったため、「まさか健ちゃん降板?!」と不安がよぎる。

とりあえず、演出に変更はありつつも千秋楽まで出演するとのこと。

「骨折でしょう?動けるの?」ともう不安しかない。


本家歌舞伎ファンの男二人を引き連れて観劇。
男性の目にジャニーズのショーはどう映るのだろう?
という私もコンサートや演劇以外の「ショー」を見るのは今回が初めて。
どんな構成でどんな風に鑑賞するものなのかお作法がわからない状態。

何はともあれ、最初にグッズを買うでしょう!
今の健ちゃん、ビジュアル素敵すぎて何が何でもゲットしたい〜!!
調べたところによると、グッズ売り場は建物の中。
2Fにグッズ販売コーナーが設けられるとか。
会場案内図見たところ、売り場狭そう・・・・汗

しかも、開場は開演30分前って!!!
たった30分で買えるの?大丈夫なのか???
途中に休憩が30分あるとはいえ、
その時はトイレ行ったり、お弁当食べたりしたいし・・・。
どのくらい並ぶのかさっぱり見当もつかない。


普段、嵐のコンサートグッズで2〜3時間平気で並ばされているから、
30分だなんて単位が違い過ぎて、それだけで不安で仕方がない。

健ちゃんグッズ、手に入れられるのだろうか・・・・^^;

というわけで、17時半の開場めがけて新橋演舞場に到着。

そういえば新橋演舞場も初めてだ。
入口は桜や提灯で飾られていて華やか。
タッキーの艶やかな巨大ポスターが目を引く。
会場入口は意外と混雑している様子はない。


そりゃそうか。
冷静に考えれば客席が1400席ほどだから、
5〜6万人入る東京ドームとはキャパが違う。
来る人がそもそも少ないんだ。

ちょっと拍子抜けしながら、いざ入場!
グッズ売り場は2Fとのことだけど、
何はともあれ開演までにパンフレットだけは見たいから、
とりあえず1Fでパンフレットだけを先にゲット!
続いて2Fに行ってグッズに並ぶぞ〜〜!


・・・ここ、グッズ売り場?!
人、並んでないし・・・^^;

嵐に慣れ過ぎているので、もう、色んなことが想定外。

あっさりグッズをゲットしてしまい、
時間が余り過ぎちゃって館内を少しうろうろ。
売店もあったりお食事処もあったり、
ちっちゃい歌舞伎座みたいな感じ?



そんなこんなで自分の席に。
チケット申込時、S席のみの取扱いのはずだったのだけど、
抽選結果聞いてみたらA席での当選って。
希望人数が多かったようで、3Fの席に回されちゃったのよね。残念!
しかもチケット届いてみてびっくり。
S席は12500円なのにA席は6500円。半額〜〜?!
ずいぶんとお安いのね・・・。

で、実際3F席に座ってみたら、花道、全く見えない〜〜!!!
ステージも、前の方に立たれたらギリギリってところ。
そりゃ、6500円だわ〜!
他の舞台とか見に行ったりしても思うのだけど、
思いっきり見切れる場所に何故席を作る???
それって、お金とっちゃダメでしょう???怒!



とはいえ、1列目だし双眼鏡も持ってきたし、健ちゃんは見えるでしょう!
気を取り直して双眼鏡のピント合わせてみたら、

ち、近い・・・・。

東京ドーム仕様の手ぶれ補正付きのでっかい双眼鏡。
この会場にはちとデカすぎたか・・・。



とりあえず、セットリスト貼っておく。

<<<滝沢歌舞伎2016 SETLIST>>>

 --------------------------------------------------
【第一部】

オープニング
 「OVERTURE」
 「春の踊り」
 「いにしえ」

オープニング2
 「OVERTURE2」
 「Maybe」

4剣士

お化け

MASK
 「MASK DANCE」

変面

 「変面」

太鼓
 「太鼓導入」
 「太鼓」

DANCE
 「浮世艶姿桜」

滝沢一座
 「楽屋」
 「Seasons」
 「舞台化粧」

滝沢歌舞伎
 「序章−口上」
 「一章−祭り」
 「二章−男女の舞」
 「三章−蝶の戦い」


【第二部】

第一場
 「鼠小僧次郎吉、登場!」
第二場
 「お丸の団子屋」
第三場
 「鼠小僧、見参」
第四場
 「鼠の夢」
第五場
 「鼠、人を惑わす」
第六場
 「鼠とお丸」
第七場
 「鼠、江戸を奔る」

カーテンコール
 「ラインナップ」
 「WITH LOVE」
 「Love」

 --------------------------------------------------


【第一部】
ブザーが鳴り、会場が暗くなり、いよいよ開演!!

ここからはあんまり記憶が定かでないので、適当に。

Jrが二人くらい出てきて、最初のご挨拶。
で、音楽がなって幕が開いたのかな?

女性バレエダンサーが出てきて踊り始める。

女性が出るの???
歌舞伎なのに??


と思っていたら、ステージ中央にタッキー登場!!!
王子様だ〜〜〜!!

健ちゃんはどこに?????

健ちゃん不在のまま、タッキーが歌って踊って、
で、フライング〜〜!!!
随分高いところで、随分と前の方まで飛んでくるんだなぁ〜〜

っていうか「歌舞伎」といっているけど、完全に洋物のショーだなぁ〜
あ〜、一区切りしたら拍手するものなのね。
お作法わからないが、とりあえず周りに合わせてパチパチパチ。

とりあえず、のっけから訳がわからない感じでスタート。


で、健ちゃんはどこに????


かっこよく歌い踊るタッキーやJrたちには悪いが、
健ちゃんを探すことで精いっぱいの私。
今はタッキーのソロコーナーなのかな?
数曲の間健ちゃん出てこない。

まだか、まだか。

と、思ったら、タッキーからゲストの紹介!


健ちゃん、キターーーーーーー!!!!!!


白いジャケットを着てハットをかぶった健ちゃん。
どうしても足元に目が行ってしまう。
左はいつものようにちょい短めのズボンから白い靴下チラ見え♡
で、右は・・・なんか足首までありそうなソフト素材の靴を履いているように見える。
だよね、骨折だもんね。ガチガチに固めてるよね・・・。


■Maybe
イントロからちょっと鳥肌。
うわぁ〜!この曲なの??
手話を使ったダンスをしながら切なげに歌う健ちゃん。
後ろには同じダンスをする健ちゃんの映像が流れている・・・
けど、双眼鏡で健ちゃんのみを見ている私には、
周りで何が起こっているかはほぼ目に入っていない。

足は・・・やっぱり動けないんだな・・・

軽くステップを踏むことはあるけど、右足は動かさない。
上半身だけで踊り、歌う健ちゃん。
頑張ってる、頑張ってるよ〜〜〜涙


■4剣士
健ちゃんが歌い終わったら場面は変わり、
何やらチャンバラが始まったよ。
タッキーとJrたちが派手な立ち回り。
ステージもぐるぐるまわるし、フライングもある。

あ〜。
ここでケガしたんだね。健ちゃん。
ここも本当は出るはずだったんだね。
って、見てないから知らないけど。。(適当^^;)

健ちゃん不在の「4剣士」は私には永遠のように長く感じた。
ちょっと、長すぎやしないかい?(タッキー、ごめん)


■お化け
Jrの林くんの一人芝居のような演目。
あとはお化けがわらわらと・・。
怪談話なのだけど、とにかく背景の映像が怖すぎる!!!
夢に出るレベル!!!
無理、無理、無理、無理〜〜〜!!

ひたすら目を背け、ただただ終わるのを待つ。

怪談話も終わりに差し掛かっているようで、
お話自体はひと段落、
そして、
「また一人、犠牲になる男がいるかもしれない・・・」的なことを言われて
気持ち悪い映像が映る中、何やら舞台がセリあがってきた。


■MASK

背の高い、王座のような立派な椅子にぐったりしている人影。

健ちゃんだ!!!

ナポレオンジャケットを着た健ちゃん。
立って踊ることができないから、ほぼ座ったままでのダンス。
時折、足を組む姿は、色んな人がレポで書いていたけど、

帝王感ハンパない〜〜!!

かっこいいぞ!健ちゃん!

これ、足が動いたらさぞかしかっこよいダンスだったのだろうな〜。
これ、健ちゃんがすっごく難しくて必死で練習してるって言ってたダンスだよな〜。

どれだけ無念だろう。
それを思うと、もう、見ているのも切ない。


健ちゃんのダンスのあと、なんかあった気がする。
が、健ちゃんがはけてしまうと、一気に緊張が解かれて腑抜け状態。
何も入ってこない・・

■変面
と、思ったら、これがあったね。
タッキーの変面。
ごめん、あんまりよく覚えてない。



で、いよいよやってきました、今回のお目当て「腹筋太鼓」


■太鼓
ステージ中央にドラムのように和太鼓を並べてタッキーが。
そしてその周りにはJrたちが太鼓とともに並ぶ。

全員、上半身裸!!!!

いやはや・・圧巻です。
基本的にジャニーズはみんな細いから、細マッチョの集団!
舞台上に上半身裸の美少年たちが20人ほどずらりと並ぶ様はもう圧巻!


ジャニーズは背が小さいイメージだけど、
最近は背の高い子もいて、いいカラダしてます♡

でも、やっぱり、凄いな〜と思ったのはタッキー。
顔も美しいが、カラダも彫刻のように美しい。
あの腹筋はなんだ!!! 
あれが噂のシックスパックってやつか!!

そんな裸の集団がドコドコ和太鼓を叩く。
凄い風景・・・。

でも、やっぱり健ちゃんを探す私。

たぶん、タッキーの後ろにある大きな屏風の後ろから登場するんだよね?

今か今かとその時を待つ。
この為に来たのだから!!


ついに来た!その時が!!

屏風が開いて、巨大な装置に90度の角度で設置された健ちゃんとタッキー。
なんじゃこりゃ〜???
「二人乗りの装置」とは聞いていたけど・・。
遊園地のちょっとしたアトラクションみたいな感じだよ。

で、健ちゃん「とりゃー!」みたいな掛け声とともに太鼓を叩き始める。
装置が上やら下やら右やら左やらにぐるぐる回り、
健ちゃんとタッキーがその中でひたすらに太鼓を叩き続ける。
冷静に見ればきっと異様な光景なんだろう。

でも、
もう、もう、もう、健ちゃんの上半身に釘付け!!!!
でっかい双眼鏡持ってきてよかった。

健ちゃんの筋肉やばいーーーー!
真剣に眉間を寄せながら、ひたすらに太鼓を叩く表情がやばいーー!
下に行った時の逆さづりの苦悶の表情がやばいーーー!
左肩にあざがある、練習でぶつけたのかな???

なんかもう、何が何だかわからないまま、
ひたすらグルグル回る動きに合わせて双眼鏡を動かしてたら終わった。

一体、何が、どの辺が腹筋太鼓だったのかしら?????

ま、いっか。
健ちゃんの裸を拝めたから♡ 眼福・・・♡



■浮世艶姿桜

腹筋太鼓の興奮冷めやらぬまま、ダンスタイム。
タッキーとバトンの女性のダンスのあと、
ミニセグウェイにのったタッキーとJrたちが電飾でキラキラしながらぐいーんと揃って前に。
くるくると舞っておりましたよ。

でも、健ちゃんはいない・・・涙
ここもいないのか・・・。


■滝沢一座 楽屋・Seasons・舞台化粧

舞台の左右から台座が2つ。
一つには健ちゃんが載っていた!
どうやら、舞台上で生化粧するらしい。

生化粧って・・・。
ほんと、さっきの腹筋太鼓といい、生化粧といい、どんな趣味してるんだ?
ジャニーさんの趣味かな?

ジャニーさん、素敵です♡

正直、腹筋太鼓よりもこの生化粧タイムが一番萌えた!
歌舞伎メイクをするため、上半身はあいも変わらず裸なんですよ。
汚れちゃうからね。
上半身裸でひたすら化粧してるんですよ。
ほんと、なんだそりゃ?って感じなのだけど、
それでもいいんです!それがいいんです!

健ちゃんの右脇の下の筋肉〜〜!!
名前なんて言うんだ〜〜!!

そこがもう、好み過ぎてやばい!もう目が離せない!

お化粧している間は、まわりでJrが色々おしゃべりしてくれてるんですよ。
楽屋でのこととか、時々健ちゃんとかタッキーも話してくれるんですよ。
なんか、健ちゃんにやたら果敢に攻めてる子がいるらしく、佐久間君とかいう子。
そんな話してるんですよ。

でも、そんなのほとんど耳に入ってこない。
健ちゃんの筋肉と、なんか一生懸命お化粧している様とか、
一瞬も見逃すまいと集中しているから、周りで起きていることはほぼ無視!

あーもう!
なんて不器用なの!眉毛がそんなに気になるの?
時折、見本の写真と鏡の自分を見比べながらアイメイク入れていくとことか、
さっさと手際よく仕上げていくタッキーに比べて、もたもたとおぼつかない様子とか、

慌てないで頑張って!大丈夫だから。

と、まるでお母さんのような気持ちで見守りました。



健&タッキーがもくもくと化粧を続ける中、
Seasons Jrの4人くらいが

「それでは、美しい日本の四季を感じてください!」と言って音楽スタート。
英語の歌を歌いあげる。

ここ、私は健ちゃん観察に忙しくて何も気にしてなかったけど、
一緒に行った男性陣は「はぁ?」となった一番のポイントだったらしい。
「日本の四季を感じるんだな?」と意気込んでたら、

始まったのが英語の歌ってーーーー?! となったらしいw

お歌のあとは、ステージ上に健&タッキーのみに。
少しトークをしたあと、お化粧タイム終了。

はぁ〜

もっと見ていたかった・・健ちゃんの筋肉♡



■滝沢歌舞伎
「序章−口上」
Jrの子たちが自己紹介。
それぞれ趣向を凝らして笑かしてくる。

「一章−祭り」
歌舞伎メイクになったタッキーを中心にお祭りダンス。
健ちゃんいない。


「二章−男女の舞」
女形になったタッキーの舞。
手紙を読んで切ない表情をするタッキー。
そこへ健ちゃん登場!
メイクが歌舞伎メイクだからまあ、あれだけど、
手紙取り上げて、タッキーの羽織を脱がせて・・・。
舞いながらそんな感じの男と女の切ない色っぽい感じで進んでいくけど、

足が!!!
明らかに足を引きずっている・・涙

で最後はタッキーを押し倒してセリが下りていく・・・。
男っぽい健ちゃんが見れましたが、
その体制、足痛くないの??とハラハラしっぱなし。

やっぱり、ケガしてるんだ・・・・涙・涙


「三章−蝶の戦い」
更に派手なメイクを足したタッキーが登場。
あの、歌舞伎で見かけるやつですよ、顔にいっぱい線が描いてあるやつ。
(歌舞伎好きのみなさんごめんなさい・・)

テーマとしては黒い蝶と白い蝶の戦いのよう。
それぞれのチームに分かれて舞い踊る。

途中から白い蝶のボスとして健ちゃん登場!
顔がさらにメイク付けたしで、すでに健ちゃんとわからない。

けど、わかるのは、足が動かないってこと。
必死で動いているけど、どうしてもタッキーと同じスピードでは動けない。
当たり前だ。骨折してるんだから。

黒い蝶が戦いに勝って、上からどしゃーっと紙吹雪が落ちてくる。
健ちゃん、埋もれるけど、最後復活!



で、一部終了。


休憩中に、男子二人が言った言葉。

 「混乱している・・・」

だろうね(笑)

理解しようとしてはいけない。
ただ感じればいいのよ。


【第二部】


ここからはお芝居「鼠、夢小判  〜笑いあり、涙なし〜」
タッキーが鼠小僧、健ちゃんは岡っ引き。
基本的に喜劇なので笑ってただ見てられる感じ。


でも、健ちゃんの足の引きずりがさらにひどくなっていて、
健ちゃんが出てくるシーンはハラハラしっぱなし。

タッキーはじめ、Jrたちはアドリブ入れまくってバカやってるんだけど、
健ちゃんだけは超まじめな役どころ。
冗談一つ言わない。タッキーの狙いなのかな?

最後は本水を使った大立ち回り。
3列目くらいまで水浸しになっていただろうな〜。
ど派手に水をぶちまけてましたよ。

そんな中、足引きずってるくせに頑張る健ちゃん。
よく頑張った。頑張ったよ、健ちゃん。



■カーテンコール
キャストの紹介のあと、タッキーのソロ「WITH LOVE」

ほんと、この人の佇まいはシャンとしていて素晴らしい。
王子様だなぁ〜。美しい。


 「Love」

健ちゃん再び登場。
杖をついている。びっこ引いてる・・・。

でも、さっきまでの終始緊張感漂う表情が解けて柔らかいお顔に。

いつもの健ちゃんスマイルで「Love」を歌う。
可愛い・・・♡

おまけにフライングまで!
足、大丈夫なのかい?!

でも、でも、笑顔で歌う健ちゃんが最後に見れてほっとしたよーー!

頑張った、ほんとうに頑張ったよ!
君はできる子だ!



終わってみたら、
最初から最後まで健ちゃんの心配ばかりして、
とにかく健ちゃんばかり観ていました。
まさに手に汗握る感じ。

タッキーはじめ他のキャストの人も頑張っていたんだと思うけど、
全く目に入っていなくて、記憶にもあまり残っていない状態。
初回だったし、健ちゃんケガしたばかりだし、仕方ないよね・・・と言い訳。


終わった後は、男性陣と観劇感想を言い合うべく一杯飲みに。

男性陣は混乱の極みだったらしい。
しまいには「あーもう!このぐちゃぐちゃな感じの感情をどうしてくれるんだ!」と怒り出す始末w
もともと歌舞伎好きの彼ら。「歌舞伎」と名がつく滝沢歌舞伎は気になっていたらしいが、
あまりにも本家歌舞伎とかけ離れた舞台にどう理解していいのかわからなかった様子。
特に、一部に関しては演目の脈略のなさが理解できず、途中で帰りたいと思ったとか。

「歌舞伎」とは違うんだよ。
和風のエンタテイメントショーだと思わなきゃ。と言うも、納得がいかない様子。

見ている時は、健ちゃんが心配過ぎて脈略とかそんなものどうでもよかったんだけど、
そんな風に言われて思い起こしてみると、
確かに「カオス」w

でもでも、きっとそれでいいんだと思う。
それが、ジャニーズのショーなんだと思う。

話をしているうちに次第に落ち着いてきた男性陣。
混乱の極みではあったけど、一つ一つのクオリティは高かったと。
ダンスも歌もお芝居も上手。
ゲストの女性ダンサーたちもすご技だったし。
見てよかったと言われ私も一安心。

私はとにかく健ちゃんを見届けたいという気持ちでいっぱい。
もっと近くで見たいという欲望だけが高まって、5月のチケットも購入しましたよ♪